田中一郎で小笹

江戸4

につき、特急も必ずや止まる、横川駅舎て、模様ありましたよ。必ずや、汽車はとまって、機関車種の連結があって、なので、瞬間空きますから、駅弁を買ってね。という模様が思い出深いですね。その駅弁は、有名で、おぎのやの峠の釜めしですね。今は、駅弁はあいもかわらず、の客受けは現役ですが、ドライブインや、食堂などの本職以外のところでもいっぱいありますね。長野県内に行きますといった、ドライブインがいっぱいありますね。おぎのやのね。なので、釜めしがもらえてしまうので、ほんのり模様がないっておもいますけれども、そういったとこでは、釜めし定食達する、釜めしという吸物などの、調節ありましたね。お新香もついてね。いやはや。食べたくなってきましたね。釜めしの釜は、うだうだ用い併せあって、あれを植木鉢や、漬物を作るのに、使ったり、各種用途にも利用できますからね。ってことで、都内はかなり関係ないことばかりのダイアリーになってしまったね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です